納骨堂のデメリット

altar

納骨堂を良く思わない人の意見として一番多いのが「簡素すぎる」と言う意見です。
これまで、納骨堂と言えばロッカー型がほとんどで、故人の遺骨を不特定多数の人の遺骨と並べてロッカーのような場所に納めることについて嫌悪感を抱く人も多かったんですね。
しかし最近では、そのロッカー型のものも、簡素なイメージを払拭するために温かみのあるデザインが作られたり、
従来のお墓と変わらず墓石を構えるタイプのものが作られたりと、少しずつ納骨堂のイメージも変わりつつあります。
これまでは、その簡素さ、そして費用の安さから「お金が無いから納骨堂を選ぶ」と言うイメージが強く、
故人に対して失礼だと考える人も多かったんですが、最近では費用の面だけでなく、メリットを考えた上で納骨堂を選ぶ人がほとんどです。
さらに、日本ではお盆やお正月にはお墓参りをするという文化があります。
お墓を掃除し、お花やお菓子、線香を供えることで先祖を偲ぶ、と言うもので、
納骨堂は掃除する手間もなく、お供えできる物が限られていることなどからも故人に対する思いが希薄になっていると危惧する声もあります。
しかし、墓地までのアクセスの悪さ、また都心に若者が出ていってしまい地方の実家に帰省する頻度が少なくなったことによって、
お墓が放置されて荒れ放題になってしまうなんてことも少なくありません。
その点、納骨堂は公共交通機関からアクセスが良く、バリアフリーなどが完備されているため、
従来のお墓よりも気軽にお墓参りができるというメリットもあるんです。
確かに納骨堂は規模が小さく、お盆の時期などは混雑して窮屈さを感じることもあるかもしれませんが、
デメリットばかりではなくメリットにも目を向けて選んでいきたいですね。

Copyright © 2016 新しいお墓の形、「納骨堂」について考える. All Rights Reserved | Design by W3layouts