納骨堂のメリット

coffin

納骨堂がどうして新しいお墓の形として人気を集めているんでしょうか。これまでは「お墓」にこだわればこだわるほど、お墓参りの足が遠のくこともありましたが、納骨堂ならお墓参りも気軽に行くことができますよ。お

Read more

納骨堂のデメリット

altar

納骨堂が人気を集める一方で、実は賛否両論があるのも事実。納骨堂にすることでどんなデメリットがあるんでしょうか。デメリットとメリットを比べて、自分に合ったお墓を選びたいですね。

Read more

費用はいくらかかる?

funeral

費用の安さが話題を集めている納骨堂。従来のお墓と比べるとどのくらい費用を抑えることができるんでしょうか。相場を知って、自分らしいお墓について考えてみて下さいね。

Read more

納骨堂とは

sanctuary

東京都内で地震対策もしっかりしている納骨堂といえばこちらです。安全な土地でご先祖様をゆっくりと休ませてさし上げましょう。

納骨堂は寺院、公営、民営の3種類が管理する遺骨を安置しておく建物のことです。
新しいお墓の形として注目されていて、散骨や樹木葬などと共に「自分らしい最期」を考える人達から注目されています。
お墓と言えば屋外の墓石の下に遺骨を埋めると言うのが一般的ですが、納骨堂は屋外ではなく屋内にあります。
納骨堂には「ロッカー型」と「お墓型」と「機械式型」の主に3つに分けることができます。
ロッカー型はその名の通りロッカーのような小さな個室がいくつも並ぶ中の1部屋をお墓として遺骨を納めます。
これまでのロッカー型は、まさに駅のロッカーのような簡素なものがほとんどでしたが、
最近ではお洒落でモダンなデザインのものも増えてきて、これまでの納骨堂の簡素なイメージを覆すデザインも多くなってきています。
お墓型は、従来のお墓がそのまま屋内にあるようなデザインで、墓石を用いた納骨堂です。
墓石を構えているので納骨堂の中でも一番受け入れられやすいデザインですが、その分費用はかかってしまいますね。
機械式型は遺骨が納められた納骨堂と参拝質が別になっていることが多く、
ICカードをかざすと遺骨が参拝質まで運ばれてくる仕組みになっています。
最近ではICカードをかざすと自分の納骨堂が光るという斬新なLED式のものもあるんですよ。
これまでは肝試しや怪談話の定番の舞台となっていたお墓ですが、これからは明るくクリーンなイメージに変わっていくかもしれませんね。

Copyright © 2016 新しいお墓の形、「納骨堂」について考える. All Rights Reserved | Design by W3layouts